2013年09月03日

オレたちバブル入行組

40冊目

著者:池井戸潤
出版社:文藝春秋

オレたちバブル入行組 (文春文庫)



あらすじ:
大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。
支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。
夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。
そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

内容
10倍返しだ!

はい、そんなセリフでお馴染み、
今人気絶頂のドラマ「半沢直樹」の原作です。

今回は読みたい本として紹介します。

半沢直樹面白いですよね。私も放送があるときは毎週楽しみにしています。
そんな半沢直樹を知ったのは、今年の夏に実家へ帰省したときでした。

私は原作はおろか、ドラマの存在さえ知らなかったので、実家でドラマを見た時はあまりの面白さに衝撃を受けました。
確かその時は、私の父が熱心に原作を読んでいましたね。

半沢直樹シリーズは、今回紹介した
オレたちバブル入行組」から始まり、
オレたち花のバブル組」→「ロスジェネの逆襲」と続くみたいですね。

ドラマがおもしろい!でも原作は読んでいないというあなた。

ぜひ原作も読んでみましょう!

  


posted by TK at 13:04 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。